スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輸入車のホイール汚れ

お久しぶりの更新です(汗)

おさぼりしててごめんなさい。

本日のネタは『輸入車オーナーの悩み』の一つである

ホイールの汚れの件です。



国産車ではあまり汚れる事のないホイールですが

輸入車の場合はものすごーくよごれますよね。

その汚れ原因はブレーキを踏むことで摩耗するブレーキパットとブレーキローターです。

通勤で往復4キロほど、1週間くらいでこれくらい汚れてしまいます・・・・

__+4_convert_20140925163931.jpg

しかしこの段階で高圧洗浄をいたしますと・・・・
__+5_convert_20140925164003.jpg

こんな感じで楽々清掃できるのです。

(ちなみに高圧洗浄機は家庭用のケルヒャーです)
__+1_convert_20140925164022.jpg


この綺麗になった状態で簡易的なスプレーWAXやフクピカなので軽くコートをしてあげる事!

このマメさが大事です(笑)

でもなぜこんな汚れが・・・・
と思いますよね。ブレーキローターも削っていく事になるのでパットと同時に
ローターも交換が必要となってくるのです。

ちなみにローターは¥1万/枚はかかりますから4輪同時交換すると
+¥4万はかかってしまいます。

日本以外は『ブレーキパットとローターは削れて当たり前!』という考えなのです。

そのかわりブレーキのタッチフィーリングは国産車とは違い非常に良く効きます。
(アメ車は別ですが)

それでも『この汚れはかんべんして!』

という輸入車オーナーさんにおすすめしているブレーキが下記のパットです。
DSC_0778_convert_20140925164054.jpg

汚れは国産車と同等レベルになります。
タッチフィーリングは若干落ちますが、だんだん慣れてきます(笑)

それとローターが冷えてるときは少し「キー」と泣きますが
すぐに納まります。

受注生産となりますのでご注文いただいてから4日ほどかかりますよ☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。