スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキローターの交換

先週車検でご入庫いただいたステップワゴンのブレーキのお話です。
リアのブレーキローター部分の錆び付が進んでおりブレーキパットとの『当たり』部分が
少なくなっております。外側の方ですがお分かりになりますか? 
IMAG0299_convert_20130520143822.jpg

こちらはフロントのブレーキローター部分。
リアと比べて綺麗に削れてるのが分かると思います。
こちらのステップワゴンのオーナー様はスキーに良く行かれておりました。
その為に凍結防止剤の【塩化カルシウム】によって錆びつきが多くなってしまいます。
IMAG0304_convert_20130520143847.jpg

今回のステップワゴンはリアローターの交換&ブレーキパット交換で済みました。
私たちはお車の下回りを見るとそのお車がどのような使用状態かはだいだい分かります。

先日のフーガのお客様はマフラー関連が塩化カルの被害で全滅状態でした。
フーガはV6でマフラーが2本出しになってる為金額も非常に高価なものになってしまします。
ちなみにディーラーで¥45万のお見積り。
当社で色々手を尽くして¥28万位におさめさしていただきましたが
やっぱり痛い出費ですよね。
予防策としては雪国から帰ってきたら下回りを水で洗っていただくのが一番です。
もちろんスチーム洗浄機があれば一番ですが家庭の水道ホースでも良いと思います。

雪国だけでなくボート関連のトレーラーを使用の方もご注意を!
特にランチング時にリアタイヤが水につかる場合、
当然錆が発生したします。
特に霞水系の北浦はご注意です。
以前乗ってたパジェロもかなりやられておりましたね。
北浦は海が近い分塩分濃度が高いようです。
さらにスロープの傾斜角が浅くリアタイヤ~マフラーまでつかってしまいます。
あらためて塩分はすごいなーと感じます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。