スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラバ

ついに発売間近となった『カメラバ』


亀山のスペシャリストのプロスタッフ鶴岡さんのこだわりが随所に出てます!

マテリアルにタングステン樹脂を使用。
FECO認定も受けてますので
チャプター系のトーナメントでの使用ができます。

006_convert_20130802091335.jpg

ヘッド形状は一つテンヤのオーバルテンヤから
フォーリング時のスライドと着底時の安定姿勢に特化した
デザインを受け継ぎました。

003_convert_20130802091239.jpg

フックはベイトフィネスでカバーから引きずり出す事を想定して
太軸のフックを採用。
おそらくこのフックのバランスが非常に難しいセッティング
だったと思います。
ワームキーパーもコードで巻いてあるので
トレーラーワームも選びませんね。
004_convert_20130802091258.jpg
続いてはガードですが
全部で5本。
フィールドとカバーに合わせて間引きが可能。
かなり太目のハリのある材質。
オープンウォーターなら全部抜き、もしくは1本残しかな?
ベイシックなら2本でも良さそうなハリがあります。
005_convert_20130802091319.jpg

私自身は一昨年の春に見せてもらったカメラバプロト。
その状態でもかなりいい感じに思えてのですが
鶴岡隊長は納得できない様子でした。
私も早く使いたかったので
首をながーくして待っておりました(笑)
3.5gは670Ftで
2gはスピニングの630LS(オリジナル)
この2セットでテストをしたいと思います。

本当にいい出来栄えのカメラバ!強力な武器になりそうです☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。