スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコン太郎 ハイエース200系 その①

今回のトルコン太郎の施工車両はハイエース200系です。
初年度は平成21年/1月登録 走行距離は5万キロ。
ATFの交換はお初となります。

029_convert_20130925202825.jpg

まずは【コンタミチェック】でATFの汚れ具合をチェックします。
ATFのレベルゲージ部分よりバキュームしてチェックフィルターに
通して汚れ具合を確認します。
040_convert_20130925203043.jpg

アップにするとこんな感じ。
血液検査みたいと言われます(笑)
045_convert_20130925203159.jpg

向かって左→新品のフィルター
真ん中  →今回のハイエース
右    →以前交換したインプレッサ(12万キロ走行)
いかがでしょうか?汚れの違いがわかりますよね。
実際コンタミチェック時には綺麗なATFだと思ったのですが
新品のフィルターと比べるとかなり汚れが目立ちます。
この汚れのもとはミッションから出る鉄粉系なのです・・・
047_convert_20130925203253.jpg

実車よりATFを抜き取りサイトレンズで確認すると
こんな感じの色となります。
5万キロでこれくらいの汚れ方です。
049_convert_20130925203314.jpg

いよいよ新しいATFを入れる工程に移ります。
仕様するATFはワコーズのセーフティーSを使います。
035_convert_20130925202905.jpg

いよいよ新油(新しいATF)を圧送していく作業となります。
この機械(トルコン太郎)は圧送式なので交換することによって
おこる鉄粉やスラッジをバルブ等に詰まらせる事なく交換できる
優れモノのなのです☆
056_convert_20130925203350.jpg

新しいATFが圧送され徐々に綺麗になっていくのがわかります・・・
070_convert_20130925203426.jpg

ATFの汚れの具合によってATFの圧送を1サイクル~3サイクルまで
行います。(汚れ具合と予算に応じてご相談です)
今回は2サイクルの圧送をおこないました。
076_convert_20130925203453.jpg
通常のATFの交換は以上で終了となります。
今回は『ATF清掃・パーフェクトコース』を施工いたしますので
その②につづきます☆

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。