スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレーラー車検

ボートトレーラーのお話です。
トライトンオーナーの堀越さんがトレーラー車検の為ご来店いただきました。
4輪のタイヤを外してジャッキアップしているところです。
ブレーキパット残量を点検してブレーキフルードの抜き変え完了☆
ただ一つ気になる点が・・・
019_convert_20131106092347.jpg

トレーラーの各部に錆の進行が進んできました。
霞水系は塩分濃度が高くて錆が発生しやすいのです。
021_convert_20131106092439.jpg

その為、急きょ応急処置をほどこします!
まずは錆をスクレッパーとワイヤーブラシで落として
錆止め剤のサフェーサー処理をおこないます。

急いでの作業の為、オーナーさんに手伝ってもらいます(笑)
022_convert_20131106092525.jpg

サフェーサー処理はこのような感じ。
024_convert_20131106092550.jpg

仕上げに車のシャシー用の塗料を吹き付けてフィニッシュです☆
026_convert_20131106092628.jpg

最近トレーラーのサビが進行してフレームが折れた話や
高速道路を走行中にフレームが折れて大事故寸前だった等の話を
良く聞きます。それもかなり近い人たちです。

特に箱型のフレームは水の逃げ場がなく腐ってしまいます。
腐り始めると進行が速いのでたまにはボートを降ろした時に
良く見てあげて下さい。

車用のワックスをかけてあげるのも良いと思いますよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。