スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルサルバドルへ

今月は納車のラッシュでした。

前回エルサルバドルには救急車でしたが

今回は消防自動車です。



エルサルバドルは今回で3台目の整備となりました。

エルサルバドルは左ハンドル仕様に改造して引き渡し。

この整備は分業制で他の工場さんで左使用にされた後

当社に搬入されます。
DSCN0708_convert_20141017092250.jpg


今回のスポンサーさんです。

車両は藤沢市の消防局で使用されてたお車です。

DSCN0709_convert_20141017092341.jpg

整備もしっかりやらせていただきました。

コンディションもバッチリです!
DSCN0710_convert_20141017092357.jpg

現地での活躍期待しております☆

それでは、いってらっしゃい♪

パッカー車、フィリピンへ

今回、整備をしてお贈りするのは『フィリピン』です!

本日、大黒ふ頭に搬入して参りました☆



これがフィリピンの国旗。

とてもいかした国旗ですねー。

DSCF1462_convert_20141015183509.jpg


本日はあいにくの雨。車が汚れてしまって残念です・・・

こちらのヤードの中には色々な車でいっぱいです。

国産乗用車はもちろんの事、ポルシェやベンツなど、これから船に乗って何処の国に行くのでしょうか?

いずれにせよ外国人バイヤーにとって日本のマーケットはホットだという事でしょうね。

DSCF1463_convert_20141015183531.jpg


今回の当社の担当車両は2台だったのですが

他の工場さんの車も勢揃い。

外装も指定色にオールペイントされてますから統一感がありますね。

DSCF1464_convert_20141015184204.jpg

ベーストラックは当然日本のメーカーで

上部の架装部分も日本製。

みなさんはあまりなじみがないと思いますがゴミ収集車は通称『パッカー車』といいます。

実はパッカー車の整備は当社の得意分野の一つなんです。

この分野では世田谷NO1の修理技術をほこります☆

輸入車のホイール汚れ

お久しぶりの更新です(汗)

おさぼりしててごめんなさい。

本日のネタは『輸入車オーナーの悩み』の一つである

ホイールの汚れの件です。



国産車ではあまり汚れる事のないホイールですが

輸入車の場合はものすごーくよごれますよね。

その汚れ原因はブレーキを踏むことで摩耗するブレーキパットとブレーキローターです。

通勤で往復4キロほど、1週間くらいでこれくらい汚れてしまいます・・・・

__+4_convert_20140925163931.jpg

しかしこの段階で高圧洗浄をいたしますと・・・・
__+5_convert_20140925164003.jpg

こんな感じで楽々清掃できるのです。

(ちなみに高圧洗浄機は家庭用のケルヒャーです)
__+1_convert_20140925164022.jpg


この綺麗になった状態で簡易的なスプレーWAXやフクピカなので軽くコートをしてあげる事!

このマメさが大事です(笑)

でもなぜこんな汚れが・・・・
と思いますよね。ブレーキローターも削っていく事になるのでパットと同時に
ローターも交換が必要となってくるのです。

ちなみにローターは¥1万/枚はかかりますから4輪同時交換すると
+¥4万はかかってしまいます。

日本以外は『ブレーキパットとローターは削れて当たり前!』という考えなのです。

そのかわりブレーキのタッチフィーリングは国産車とは違い非常に良く効きます。
(アメ車は別ですが)

それでも『この汚れはかんべんして!』

という輸入車オーナーさんにおすすめしているブレーキが下記のパットです。
DSC_0778_convert_20140925164054.jpg

汚れは国産車と同等レベルになります。
タッチフィーリングは若干落ちますが、だんだん慣れてきます(笑)

それとローターが冷えてるときは少し「キー」と泣きますが
すぐに納まります。

受注生産となりますのでご注文いただいてから4日ほどかかりますよ☆

エルサルバドルの救急車整備

エルサルバドルへ寄贈される救急車が完成いたしました!

本日の午後に大黒ふ頭に搬入いたします。

DSCF1434_convert_20140822112818.jpg

「完成したお車をぜひ拝見したい!」

という事で、なんと

港搬入前にエルサルバドルの大使館の方がご来店されました☆


DSCF1435_convert_20140822112839.jpg

お車の仕上がりも大変ご満足いただけたようでした。

お役にたてて光栄です!

直接いただける『お褒めの言葉』がなによりもうれしいです。

またそれが私どもの【仕事の活力】となるのです。

DSCF1437_convert_20140822112859.jpg

エルサルバドルへの寄贈の車両整備は今回で2回目となります。

現地では、たくさんの人々のお役にたてるお車だと思います!

がんばって活躍して下さいね☆

☆雑誌掲載されました☆

【クラシック・ミニマガジン】のコンフォート化大計画という特集に載せていただきましたよ。

コンフォート化とは一言でいうと快適化。

足まわりやエンジンのチューニング。または内装のモデファイ。

当社ではエアコン冷却度アップという事で取材を受けさせていただきました。



当社にある機械の一つに【エコクリマ】というエアコンのコンディションを整える機械があります。

簡単にご説明すると車の入っているエアコンガスを【エコクリマ】一度抜き取って

水分やゴミをクリーニングし、ガスを規定量を計って入れなおすという優れものなのです☆

DSCF1377_convert_20140805093457.jpg

ちなみにエアコンガスは分子レベルで年々減ってまいります。

それが本当に微妙な減り具合ですからオーナーの方は気づかないのですが

新車時から比べると冷えが悪くなっているはずです。

その数十グラムを計測して入れな直しすると、この猛暑も室内は快適に過ごせます♪

ちなみに、ガス注入の際にワコーズのパワーレボリューションというエアコンコンプレッサー用の添加を
注入するとコンプレッサーの抵抗が少なくなり燃費向上につながります♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。